国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部 〒060-8506 札幌市中央区北2条西19丁目 ダイヤルイン案内 国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部 〒060-8506 札幌市中央区北2条西19丁目
Loading
検索  詳細の検索  検索の仕方
 トップページ > ダムについて



 夕張川流域では稲作、牧畜などの農業の発展に伴って農業用水が不足するようになったため、農林水産省はこれのさらなる確保をめざし、昭和55年、大夕張ダムを13.3mかさ上げする再開発計画を立案しました。
 ところが、翌昭和56年、台風12号が北海道を襲い、石狩川流域は観測史上未曾有の大水害に見舞われてしまいました。
 これを受け、北海道開発局は「石狩川水系工事実施基本計画」を改定して、夕張川に治水ダムを建設する計画を立てました。また、札幌市等の人口増加による水需要の増大などに応えるため、多目的ダム建設事業として事業計画を拡大。この結果、大夕張ダムの下流に夕張シューパロダム建設を行うことになりました。
 夕張シューパロダムは、大夕張ダムの155m下流に新しく建設された、北海道開発局が管理する連続サイフォン式取水設備を備えた再開発事業の多目的ダムです。周辺地域の治水・利水における課題をひろく解決するために計画され、平成7年度に着工、平成26年度に完成しました。湛水面積は日本第2位に、総貯水容量は日本第4位の大きさになります。

▲このページの先頭に戻る

上記ダムの役割のアイコンをクリックすると詳細を確認できます。
▲このページの先頭に戻る

夕張シューパロダムの概要
 夕張シューパロダムは、国土交通省・農林水産省・北海道企業局・石狩東部水道企業団による共同事業「夕張川総合開発事業」の一環としてつくられた、堤高(ダムの高さ)110.6mの重力式コンクリートの多目的ダムです。多目的ダムとは、ふたつ以上の役割を持つダムのこと。前身である大夕張ダムも、かんがい用水・発電を目的とした多目的ダムでしたが、夕張シューパロダムは、あらたに洪水調節・流水の正常な機能の維持・上水道を加え、スケールも大きくパワーアップして生まれ変わりました。

ダム下流平面図、標準断面図の用語をクリックすると解説を見ることができます。

ダム下流平面図



ダム標準断面図


▲このページの先頭に戻る

夕張シューパロダムの利水補給
 夕張川・千歳川が流れる地域には豊かな農地が広がっています。夕張シューパロダムは国営造成施設直轄管理事業大夕張地区を含む6市5町(江別市、千歳市、恵庭市、夕張市、北広島市、岩見沢市、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町、安平町)の農地約29,010haで、農業に使う水(かんがい用水)を安定供給します。
 また4市3町(江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、由仁町、長沼町、南幌町)に対して最大29,600m3/日の水道用水の取水が可能です。
 そして新たに建設されたシューパロ発電所では、旧二股発電所の約2倍となる最大出力28,470kWの発電を行います。

地図をクリックすると拡大します。

▲このページの先頭に戻る


Copyright(C) 2016 国土交通省北海道開発局 札幌開発建設部 All rights reserved.